トップページ

トップページ

【薬の基本説明書】では色々な薬について紹介、解説しています。また、下記では、ED治療薬として有名なバイアグラの成分について解説しているので参考にして下さい。

クエン酸シルデナフィルとは?

聞き慣れない名前の成分ではありますが、この成分の商品名である「バイアグラ」と言い換えれば比較的、馴染みのある言葉であるかもしれません。
この成分は、男性の症状であるED(勃起不全)の患者さんの「生活の質」を良くするために研究開発された、経口による服薬が可能な治療薬です。比較的新しく開発されたお薬であり、ニュースにも多く取り上げられたため知名度の高い薬です。
知り合いからもらったり、個人輸入で購入したり誤った使い方などをしてしまったために、重篤な身体に対する有害な作用が起こってしまったという ニュースなどを目にした事がある方もいらっしゃると思います。

クエン酸シルデナフィル(バイアグラ)は、EDの症状で悩んでいる方が医師の適切な指導のもとに使用する薬です。この薬自体には催淫作用であったり精力を強める効果があるわけではありません。

本来この成分は「狭心症」に対する薬としてイギリスで研究開発されていた時に、臨床試験を受けた人から「ペニスの勃起が発現した」というレポートがありました。結果としてクエン酸シルデナフィルからは狭心症に対する改善効果は見受けられませんでしたが、それ以降の研究によって、EDの症状に対して改善する効果が認められました。これはどのようなものであるかというと、外部より性的な刺激を受けた際の勃 起の働きを促進し、脊髄損傷であったり糖尿病などがもとで起こっているEDの症状の方にとって、挿入を行いやすい状態へと導き、勃起作用を保つ働きをもたらします。
ですが、もともと狭心症の発作を改善するために硝酸イソソルビドであったり、ニトログリセンといった薬を使っている方は、バイアグラを一緒に使ってしまうことによって、危険な数値まで血圧が下がってしまい、最悪のケースで死に至る場合があります。
こういった、薬同士の組み合わせによって深刻な有害な状態が起こってしまうことを「併用禁忌」と呼びます。

ほかには性行為自体が、心臓に負担をかける行為です。ですのでもし、性行為が行えないレベルでの血管の症状を患ってしまっている方は、ク エン酸シルデナフィルを服用することによって身体に大きな負担をかけてしまう恐れがありますので避けましょう。
このように深刻な身体への害が起こらないようにするためにも、お医者さんと、診察を受ける患者さんの間では、いま使っているお薬などに関してしっかり伝達が行われていなければいけません。これは必ずしもここで紹介しているバイアグラだけではなく、あらゆるタイプの症状・病気の診察についても該当することなのです。